にった眼科医院
先進医療認定施設
お子さまの眼疾患
HOME > お子さまの眼疾患

お子様の眼疾患

お子さまの眼の病気について解説いたします。気になる症状のある方は、お気軽にご相談ください。

弱視

弱視とは視力の発達の感受性期に片目または両目に適切な視覚刺激を受け取ることができなかったために視力の発達が止まったり遅れたりすることによります。

視力の発達の感受性期とは

人間の視覚の感受性は、生後1か月から上昇し1歳半ごろにピークに達し、その後徐々に減衰してだいたい8歳ごろまでに消失すると考えられています。感受性の高い時期ほど弱視治療に対する反応が良く、感受性が減るほど治療に対する反応が悪くなります。

弱視の治療

  1. 眼鏡を常にかけることで視力の発達を促すことが大切です。
  2. 視力の良い方の目を隠して悪い方の目でしっかり見る(遮閉訓練)
    遮閉訓練は、視力の良い方の目に遮閉具(アイパッチ)を付け、視力の悪い方の目でしっかり見るように促す訓練です。

斜視

物を見ようとする時に、片目は正面を向いていても、もう片目が違う方向を向いてしまっている状態が斜視です。常に斜視が存在する場合(恒常性外斜視)と、時々斜視の状態になる場合(間欠性外斜視)とがあります。

当院で可能な治療

治療には、目の位置を真っ直ぐにするために眼鏡を使用することもあります。
場合によっては手術を必要とします。

色覚異常

色覚とは色を識別する感覚のことです。
色覚の異常には、先天性と後天性があります。先天性の場合は原因が遺伝的なものなので、有効な治療法がない一方、色覚異常の程度は変化せず、また色覚以外の視機能は問題がないことがほとんどです。後天性の場合は、なにかの病気(網膜の病気など)の一つの症状として、色覚に異常が現れます。病気の状態によって色の見え方が変わることがあります。先天性の色覚異常というと「先天赤緑色覚異常」をさしています。この場合、色の見え方や感じ方は正常色覚と異なりますが、白黒の世界では決してありません。正常色覚者とは異なった色世界を感受しているといえます。

当院で可能な検査

パネルD15、石原式色覚検査表(アノマロスコープは不可)

仮性近視

近くのものをみるときは目の中にある毛様体筋という筋肉を縮ませ、レンズ(水晶体)を厚くして見ています。(筋肉が緊張した状態)この縮んだ状態が続くと、レンズが薄くならないため遠くが見えにくくなってしまいます。これを調節痙攣といいます。いわゆる仮性近視です。さらにこの状態が長く習慣化されるともとに戻らなくなってしまい、近視になります。

当院で可能な治療

ワック治療

ワックの機械を覗くと中に美しいステレオの風景が見え、狭い室内でも簡単に無限遠方の景色を見つめるのと同じ効果があります。

点眼治療

ミドリンM+ミオピン点眼して、目の緊張状態を緩め、疲れた目にもある程度効果があるといわれています。

マイオピンについて

近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。近くで見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。
マイオピン(低濃度アトロピン)には眼軸長を伸展させる働きに関連するムスカリン受容体をブロックする効能があると言われています。

マイオピンの特徴

  • 副作用がほぼ皆無の良好な近視抑制薬です。
  • 近視の進行を平均60%軽減させると言われています。
  • 日中のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。
  • 目の遠近調節機能(手元を見る作業)に殆ど影響を与えません。
  • 近見視力の低下に殆ど影響を与えず、更に累進屈折眼鏡も不要です。
  • 毎日就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。
  • 目薬(1本・5ml)は両眼用で1カ月の使い切りです。
  • 点眼薬はGMP(医療品製造および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

処方の流れ

適応 6歳~12才以下の学童の方 ・中等度(-6D)以下の近視の方
  1. お子様の視力・目の状態を診察する必要がありますのでまずは一度受診して下さい(保険診療)
  2. 検査結果に応じて次回マイオピンを処方します。(ここから自由診療となります)
  3. 初回の処方時、目薬1本、診察、検査代込 3,500円(税別)
  4. その後は、3ヶ月ごとの処方・検査・診察になります。
    (目薬3本、診察・検査代込 10,000円/税別)

本治療は自費診療(保険適応外)です。
*処方の際は少なくとも2年間継続することをおすすめします。

インフォメーション