にった眼科医院
先進医療認定施設
白内障
HOME > 白内障

白内障とは

正常と白内障の違い

白内障は、眼の中の水晶体(レンズ)が濁って、視力が低下する病気です。
この濁りは、薬を用いて進行を少し遅らせることはできても、濁り自体を取り除くことはできません。

そのため、濁った水晶体を手術で取り出すことが根本的な治療となります。
白内障は、糖尿病や高血圧症、視神経疾患がなく、全身状態が良い場合はほぼ元通りに治すことができます。

 

白内障の手術について

当院での白内障手術について

  • 無痛手術を目指します。痛みに不安を感じる方には、点眼麻酔、前房麻酔、テノン嚢下麻酔などの麻酔方法を組み合わせて対応いたします。
  • 丁寧な手術を心掛けています。最新の白内障手術機器を揃えるなど、万全の態勢を整えております。
  • 多様な眼内レンズをご提供いたします。トーリック眼内レンズ(保険診療可)、多焦点眼内レンズ(自費診療)など、患者様のニーズに合わせて眼内レンズを選択します。
  • 火曜、木曜日の午後が手術日になっております。「運転免許更新に間に合うように手術をしたい」などの患者様の希望にできるだけ対応いたします。

院内で白内障手術説明ビデオを流すなど、情報提供に心掛けております。
ご不明な点があれば、お気軽にスタッフにお問い合わせください。

白内障手術の流れ

術前処置

  1. 瞳孔を開く薬・抗生物質・麻酔などを点眼をします(約1時間)
  2. 手術室に入り、眼の周りを消毒します。
  3. 眼を開けておくための器具を眼にはめます。
     白内障手術の流れ

手術中

手術中の様子
  1. 白目と黒目のさかいを約3ミリ切開します。水晶体の前の膜を円形に取り除きます。
  2. 超音波装置で水晶体の濁りを細かく砕きながら吸い出します。
  3. 眼内レンズを挿入します。
  4. 手術時間は約5~10分です。
ご注意事項
  • 手術中は一点を見つめてください。
  • 痛みは感じませんが、顕微鏡の光のまぶしさや器具の接する感じはわかります。

多焦点眼内レンズを希望されるかたへ

多焦点眼内レンズは、遠近両用眼内レンズで、遠くと近くにピントが合うように設計されており、遠くも近くも眼鏡なしでピントが合いやすくなります。
20歳代の眼に戻るわけではありませんが、眼鏡使用頻度を減らし、依存度を低くするものです。白内障手術後に視力回復だけでなく生活の質の高さの充実を図る目的で導入しています。

単焦点レンズと多焦点レンズの違い

白内障手術に使用する眼内レンズには、単焦点レンズと多焦点レンズの2種類があります。
単焦点レンズはある一定の距離にピントが合うレンズです。
一方、多焦点レンズは、遠くと近くの2つの距離にピントが合うように設計されています。
多焦点レンズでの見え方には慣れることが必要です。日々、ものを見ることで脳が順応し、より鮮明に見えるようになります。


通常の視界
単焦点レンズの視界
グレア・ハロー現象を起こした視界
多焦点レンズの視界
多焦点レンズ使用のご注意事項

多焦点レンズは複数の焦点が合うため、単焦点眼内レンズに比べると、暗所で光が散乱し、光の周辺に輪が架かって見える現象(グレア・ハロー現象)を自覚しやすくなりますが次第に慣れて数ヶ月のうちに気にならなくなる方が多いようです 。

特に、手術後数ヶ月は、夜間の運転等には注意が必要です。

通常の視界
通常の視界
グレア・ハロー現象を起こした視界
グレア・ハロー現象を起こした視界

多焦点眼内レンズの費用

片眼・・・430,000円(税込)
両眼・・・860,000円(税込)
*手術前・手術後の診察・検査・薬代は、保険診療となります
*生命保険や医療保険の先進医療保険特約は使える場合があります。

多焦点眼内レンズに興味のある方は、お気軽に当院スタッフへお問い合わせください。

先進医療実施医療機関の認定について

※当院は2017年3月に厚生労働省承認 先進医療実施医療機関に認定されました。
「先進医療にかかる費用」は全額自己負担となります。しかし、「先進医療にかかる費用」以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・薬等)の費用は、保険診療で行います。

インフォメーション